技術の集団、新亜光学工業株式会社の人材

技術の活躍を世界に広げる

精密機器としての役割

微細な部品で構成された機械装置です。時計、カメラ、半導体、電子機器、医療機器など、複雑で繊細な機械が精密機器です。高度な精密さが必要な電子制御、ソフトウェア制御など細かな動作をさせる機器が一般的です。教育、医療、官庁、家庭、施設、店舗など様々な場所で使われています。
一般のユーザーも利用はBtoC、企業、研究所が利用する場合はBtoBビジネス業態です。製品によりビジネス業態が違います。市場ニーズをリサーチ、分析、製品を企画・開発、製造し、対象顧客へ販売していきます。新技術研究、製造設備、完成品の検査、品質管理、製品PRなど、製品を製造するだけでなく様々な役割があります。一つの製品を送り出す為にそれぞれの分野がチームになっています。

物作り

精密機器は物作りの一つです。物作りは大きな製品から、細かな製品があります。最近になって物作りという言葉が浸透してきました。
物作りは一から手作業の手作り、職人が手作業で一つ一つ丁寧に仕事をするものから、手に代わって大きな機械を遠隔操作で行うものもあり、こんな作業も出来るのと驚く事もあります。

物作りは手作業の温もりのある製品から、機械化で人の手では出来ない加工まで幅広くあります。手作業と機械化の良い所を取り入れた物作りは技術を継承していく時も参考になります。製品を使う人が喜んでくれる、役に立つような製品作りをしています。物作りは技術集団です。匠の技が世の中を変えていきます。精密機器の性能は益々高性能を求められています。


TOPへ戻る